投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

New Ring tsuchi Plus (SV,Br,C)

イメージ
新作

左奥から、SV、真鍮、銅
それぞれに鎚目を施して、はめ込み。

リングの一周につなぎ目が出ないようにするのに苦労した作品。
特に、銅が。。。

ツチメのカフが出来るまで 其の4

イメージ
ここまで出来たら、後は磨くだけ。

青棒と呼ばれる研磨剤を使って磨きます。
この青棒は酸化クロムを油脂で固めたものなので、灯油で溶かして使うことも可能です。
左の乳鉢に入っているのがそうです。
リューターのポイントの材質や、仕上げの工程によってこれらを使い分けします。
青棒の次はピカールで艶出し。

何処のご家庭にも必ずある、このピカール。
でも何も考えずにそのまま布に付けて磨くと、かえって傷を付ける羽目になります。
ベストはセーム皮でしょうか。
このセーム皮バフとの組み合わせで、高速回転で磨くとキレイなツヤがでます。

ひと通り磨いたら洗浄。

超音波洗浄器と、専用の洗浄液で汚れ落とし。

最後に検品。
磨き残しは無いか、火ムラは無いかを確認します。

磨き残しや、火ムラが見つかれば再度、削り、磨き。

以上で完成。

New Cuff Life Fox +Bs

イメージ
新作
キツネのイヤーカフ真鍮ベース


時間が経つと真鍮が落ち着いてきて、金狐から野狐らしい色へと変わる予定

ツチメのカフが出来るまで 其の3

イメージ
時間が開いてしまいましたが、続きです。

内側の荒磨きが終わったら、丸めていきます。

この時、少しづつ曲げていかないと'折れ'が入ってしまいます。
フラットなモノは問題がないのですが、ツチメなど厚さが一定でないものはこの'折れ'が入りやすいです。
一度'折れ'が入ってしまうと、ツチメの打ち直しからしなければならない場合もあるので、修正が大変です。
ちなみに、画像の青いテープは保護用の養生テープです。

金床、当て金を使いながら形を整えていきます。

表面に当たると折角の凹凸が潰れてしまいますから、革を当てるなどして表面を保護します。

ツチメのカフが出来るまで 其の2

イメージ
ツチメの付いた銀板を切り出していきます。


当工房では、6mmと9mm幅をデフォルトとしています。
それぞれ、デザインと肌への当たり面を考慮し、形状を変えています。

この状態時で角を削っていきます。
内側になる方を大きく削り、表側を浅く削ります。
こうする事によって肌に優しく、使いやすくなります。


更に角を丸めてスムース化しておきます。
目に付きやすい部分でも、肌に当たりやすい部分でもないですが、きれいにしておきます。

ツチメのカフが出来るまで 其の1

イメージ
まず、0.9mm厚のSV950を用意します。
こちらは予め、焼きなましし、鏡面にしたものです。
この鏡面ですが、しっかり作ってあげないと、仕上がりが悪くなってしまいます。
下拵えみたいなものですね。
詳しく書くと長くなるので、また次の機会に。

この鏡面加工した銀板に、ハンマーで矢太棒(先端が丸い金属棒)を打ち込んでいきます。

打ち込んでいくと、次第に銀板が表側にめくれてきます。
これは銀板の厚さによって変わりますが、多かれ少なかれ必ずなるものです。
面倒ですが物理現象ですし、仕方がありません。

反った銀板は、時折裏から打ち、平たくします。
反り返った状態で、ツチメを付けると、ツチメに変な角度が付いてしまい、後で平たくした時にぬるっとした表情になってしまうのです。

裏から打つと言っても、色々と制約があったりします。
何も考えずに金床の上で打つと、せっかく付けたツチメが潰れてしまいますし、硬いからと焼きなましし過ぎても同じく潰れてしまいます。
また、焼きなましに時間をかけ過ぎてしまうと、恐怖の火ムラが出来てしまいます。
これは本当に怖いです。
うまい具合に裏側だけなますのがポイントです。

ツチメの付け方についても色々とあったりするのですが、長くなるのでこれもまた今度に。
そんなこんなで出来たのがこちら。

ようやくツチメのカフの素材が出来ました。