ツチメのカフが出来るまで 其の3

時間が開いてしまいましたが、続きです。

内側の荒磨きが終わったら、丸めていきます。

この時、少しづつ曲げていかないと'折れ'が入ってしまいます。
フラットなモノは問題がないのですが、ツチメなど厚さが一定でないものはこの'折れ'が入りやすいです。
一度'折れ'が入ってしまうと、ツチメの打ち直しからしなければならない場合もあるので、修正が大変です。
ちなみに、画像の青いテープは保護用の養生テープです。

金床、当て金を使いながら形を整えていきます。

表面に当たると折角の凹凸が潰れてしまいますから、革を当てるなどして表面を保護します。

コメント

このブログの人気の投稿